メニュー項目

以下は、OpenLPの上部にリストされているメニュー項目です。項目ごとに簡単な説明またはリンクがあります。

ファイル

BUTTONS_NEW 新しい礼拝プログラム(N):
新しい礼拝プログラムを作成します。New, Open and Saving the Service
BUTTONS_OPEN 礼拝プログラムを開く(O):
既存の礼拝プログラムを読み込みます。New, Open and Saving the Service
BUTTONS_SAVE 礼拝プログラムの保存(S):
既存の読み込み済みプログラムを保存します。
名前を付けて礼拝プログラムを保存(A):
新しく作成されたサービスを保存します。
最近の礼拝プログラム(R):
ここに最後に開いたファイルを表示します。UI Settings (user interface)
一覧を消去:
最近の礼拝プログラムリストをクリアします。
インポート(I):

インポートできる項目が表示されます。

設定:
構成可能な設定を別のコンピュータからインポートします。詳しくはOpenLPのバックアップについてをご覧ください 。
テーマ(T):
以前にエクスポートされたテーマをインポートします。テーマのインポート
賛美(S):
以前にエクスポートした賛美をインポートします。賛美のインポート
CCLIソングセレクト:
米国のCCLI SongSelectから曲をインポートします。賛美のインポート
聖書(B):
他のプログラム、インターネット、またはOpenLPから以前にエクスポートされた聖書をインポートする。聖書のインポートウィザード
エクスポート(E):

エクスポートできる項目を表示します。

設定:
構成可能な設定をファイルにエクスポートして、別のコンピュータにインポートします。OpenLPのバックアップについて詳しくは、こちらをご覧ください。
テーマ(T):
あなたのテーマをエクスポートします。テーマのエクスポート
賛美(S):
あなたの賛美をエクスポートします。曲をエクスポートする
礼拝プログラムを印刷:
あなたの礼拝プログラムを印刷することができます。印刷サービス
BUTTONS_EXIT 終了(X):
OpenLPを閉じます。開いていないサービスが保存されていない場合は、保存するように求められます。

表示

モード:

これらの3つの設定は、セットアップとライブ表示用に最適化されています。

既定値(D):
OpenLPのすべてのパネルを表示します。
設定:
プレビュー、メディアマネージャ、および礼拝プログラムを表示します。
ライブ:
ライブパネルと礼拝プログラムを表示します。

次の項目のいずれかをクリックすると、それぞれのパネルが非表示または表示されます。

ボタンマディアナージャー メディア マネージャ(M):
Media Managerを非表示または表示します。
BUTTON_PROJECTORMANAGER プロジェクタ マネージャー(P):
プロジェクタマネージャを非表示または表示します。
BUTTON_SERVICEMANAGER 礼拝プロクラム管理(S):
礼拝プログラム管理を表示または非表示にする。
THEME_NEW テーマ マネージャー(T):
テーマを非表示または表示します。
プレビュー パネル(P):
プレビューパネルを非表示または表示します。
ライブ パネル(L):
ライブパネルを非表示または表示します。
パネルを固定(L):
これを使用すると、すべてのパネル設定が隠されているか表示されているかにかかわらず、クリックされたときの状態が維持されます。これをもう一度クリックすると、パネルの固定が解除されます。

ツール

BUTTONS_OPEN データフォルダを開く(D):
ここであなたのOpenLPデータにアクセスできます。あなたの聖書、賛美、テーマ、その他のアイテムはここに保管されています。

注:必要な聖書、テーマ、または他のリソースを削除することは可能です。このフォルダで何かが削除された場合、OpenLPで回復することはできません。

BUTTON_RERUN 初回起動ウィザードの再実行:
これにより、初回のウィザードを再度実行するためのダイアログボックスが表示されます。初回起動ウィザード
テーマの縮小画面を更新:
画面の解像度を変更すると、テーマイメージに影響を与える可能性があります。これを使用して画像を修正します。
PLUGIN_SONGS 賛美のインデックスを再作成(R):
これにより、内部ソングインデックスが再構築され、コード修正後に動作します。通常は、ソフトウェアのアップグレード後にこれを使用します。

重複する賛美を探す(D):重複した曲を検出して削除するウィザードを開始します。

賛美の利用記録(S):

曲の使用状況のトラッキングを設定します。曲の使用状況のトラッキング

記録の切り替え:
曲の使用状況のトラッキングを有効または無効にする手段を提供します。曲の使用状況がオンの場合、目に見えるチェックマークが表示されます。
利用記録の抽出:
ダイアログボックスを表示して、賛美の使用状況を抽出します。
利用記録を削除:
ダイアログボックスを表示して、賛美の使用データを削除します。

PLUGIN_ALERTS 警告(A):警告を設定します。アラート

設定(S)

PLUGIN_LIST プラグインの管理(M):
プラグインを制御する設定を提供します。プラグインの管理
言語(L):
ここで別の言語を選択することも、[自動検出]で残すこともできます。
BUTTON_TAG 書式タグを設定(F):
タグをフォーマットするための構成可能な設定を提供します。タグの書式設定
BUTTON_SETTINGS ショートカットの設定(S):
ショートカットの構成可能な設定を提供します。ショートカットをカスタマイズする
ボタンの状態 OpenLPの設定(C):
OpenLPの設定可能な設定を提供します。OpenLPの設定

ヘルプ(H)

ユーザーガイド(U):
これは、OpenLPの操作マニュアルの英文です。
オンライン ヘルプ(O):
これは、OpenLPの操作マニュアルへの直接リンクです。
ウェブ サイト(W):
これはOpenLPのウェブサイトへの直接リンクです。
バージョン情報(A):
OpenLPの情報、クレジット、ライセンスを提供します。